ウォーターサーバーの選び方

ウォーターサーバーを使用する人は、年々増えていますが、中にはどれが良いのか決めかねている方もいるでしょう。一番知りたいのは、ランニングコストがどの程度かかるのかではないでしょうか。



ウォーターサーバーを設置料金は、無料のところが多いのですが、500円から1000円程度毎月かかるところもあります。
宅配される水の料金は、水の種類と宅配ボトルのタイプなどによって違いがあり、料金は、1000円程度から2000円以上とさまざまです。

宅配に関しては、最低注文数を設定しているところが多いため、ランニングコストとしては、最低でも5000円から9000円ほどかかることになります。

また、中にはメンテナンス料金がかかる場合もあるので、サーバーを導入する前に確認する必要があります。

加えて、電気代がかかることも忘れてはいけません。

電気代は月額350円程度のものから、中には、1500円ほどかかるものもあります。



機器を選定するときには、電気代も確認しましょう。



水の種類に関しては、地下水をそのままボトルに詰めた天然水、水をろ過して不純物などを取り除いたピュアウォーター、水をろ過して不純物を取り除いたうえに、ミネラルを加えた特選水などがあります。

基本的には天然水がおいしいと感じる方が多いようですが、料金も高めです。

ろ過したものでも、おいしくなるようミネラルを配合しているので、ピュアウォーターや特選水でも口当たりが悪いというようなことはないため、天然水にこだわるのでなければ料金は比較的安くなります。

水の表記は業者によって違うので、導入しようとしている水がどのような種類であるかも確認すると良いでしょう。
また、ボトルのタイプは使い捨てのものと、業者が回収するリターナブルボトルがあります。

基本的には、リターナブルボトルの方が価格は抑えられると言えます。


赤ちゃんなどがいて安全第一とお考えならば、リターナブルボトルにせよ、使い捨てボトルにせよ、雑菌が入らない配慮がなされた真空ボトルなどがおすすめです。

あとは、ウォーターサーバーのデザインや大きさを確認し、ライフスタイルに合わせて選ぶと良いでしょう。
ウォーターサーバーの導入を検討中の方は、期待するものは何であるか、何を優先するかを考えて選びましょう。