ウォーターサーバーのボトルの種類

ウォーターサーバーにはボトルに違いがあります。

ワンウェイ方式とリターナブル方式です。

ワンウェイ方式は、使い捨てタイプのボトルです。

通常のペットボトルと同じ材質であるため、資源ごみの日にそのままゴミに出すだけで良いので、特に面倒なことはありません。


ボトルも押しつぶすと小さくつぶれるため、捨てる前に邪魔になることもありません。



また、通常の宅配業者を利用して配送しているため、再配達が容易であるというメリットと、雑菌が入り込まない作りになっているため、新鮮な水が飲めるメリットがあります。
この点に魅力を感じる人が選ぶと満足できます。


リターナブル方式は、再利用をしているボトルです。

回収した物は、一度殺菌処理をした後に再び水を入れて利用されます。

ゴミが出ないため、環境にやさしいという特長があります。



こちらは宅配業者が配送するのではなく、ウォーターサーバーの業者が回収するため、指定場所に置いておくだけで回収してくれることもありますので、留守がちな人には最適です。

ただし、自社の配送網を利用しているため、地域によっては対応していないところもある点がデメリットといえるでしょう。



このように、ウォーターサーバーには、水や機能の違いのほかにも、ボトルの違いもあります。これ自体で水の味が変わるということはありませんが、上述のような違いはあります。

したがって、ウォーターサーバーを選ぶ際の基準の一つとして考慮すると良いでしょう。